【2020 ダービー予想】過去11年のデータを参考に買う馬券はコレ!

ここまで4本の記事で過去11年のダービーの結果から、その傾向を見てきた。

参考:

【2020 日本ダービー予想】有力騎手は誰だ!? 過去11年のレース結果から徹底解析

【2020ダービー予想】コントレイル・サリオスで決まり?過去上位馬の単勝人気傾向を分析!

【2020 ダービー予想】コントレイルの3枠5番はいわくつき!?過去11年の結果から見た有利馬番

【2020ダービー予想】前走成績から見る有力馬 – 皐月賞実力馬の過去成績は?

ここまでの結果をもとに買う馬券を決めていく。

主役はコントレイル 伝説を始めよう!

やはり本命はコントレイル。座る3枠5番はいわくつきの名席で、かつ皐月賞1着場の過去複勝率は50%を超える。今年の3枠5番からは伝説が始まる

騎乗する福永騎手は過去11年ダービー皆勤賞で経験も豊富。福永騎手自体の複勝率がそこまで高くないことは気になるが、今回勝てば30%と他のベテラン騎手に並ぶ。これまで運が悪かったと考えれば良いレベル。

さらに日本ダービーは1番人気馬の勝率30%・複勝率64%と1番人気馬の実績が強く、普段は穴の複勝を狙いに行く私でも無視できない。

とりあえず消せる馬を探していく

まずJRAの過去レース分析によれば、騎手の乗り替わりは複勝率に大きなダメージがある。また、過去の騎手を調べると、ダービー3戦未満の騎手の複勝率は13.9%と振るわない。このことから

1番:サトノインプレッサ (坂井騎手がダービー初挑戦。さらに前走武豊騎手から乗り替わり *ただし、坂井騎手はバースデー!サイン馬券注意><)

7番:ブラックホール (石川騎手がダービー初挑戦)

8番:ビターエンダー(津村騎手がダービー初挑戦)

の3頭は今回は予想から外す。1番サトノインプレッサは過去11年で1枠1番の複勝率が64%と驚異的な数字を出しているだけに気になるが、ここは外して考える。(坂井騎手のバースデーでもある、こういう縁はちょっと気になる)

さらに前走皐月賞馬のうち、人気薄で結果も振るわなかった馬は過去11年3着以内に入っていないことから

14番:マイラプソティ (前走皐月賞で7番人気13着)

10番:コルテジア (前走皐月賞13番人気 7着)

4番:レクセランス (前走皐月賞9番人気 11着)

も予想から外す。マイラプソティの横山騎手は過去8回ダービーに出走し、2回勝利と唯一の2勝ジョッキーだが、マイラプソティは前回武豊騎手からの乗り替わりであることを差し引いて今回は外して考える。

次に外枠は全体的に難しく、またダービーでは人気薄馬は複勝率も著しく低いことから13番・16番・17番を外す。16番ヴァルコスは唯一の青葉賞組だが、青葉賞2着馬は複勝率が著しく低く、今回は外す。

コントレイルの相手は誰?

では具体的に相手を選ぶ。やはり皐月賞の上位馬が中心。また、ダービーでは5番人気までの馬が複勝率が異常に高い

4番人気・15番サトノフラッグは皐月賞2番人気&5着で前走成績は申し分ないものの、

・武豊騎手がルメールからの乗り替わりであること

・外枠は不利

・ダービーではなぜか4番人気だけ過去11年で1度しか入賞できてない

武豊騎手は過去10戦して入賞2回とそこまで高くない

と不安材料が多少ある。乗り替わりと外枠以外はたまたまな気もするので入れておく。

5番人気・9番ダーリントンホールもデムーロ騎手は過去ダービー5戦で複勝率40%とルメール騎手とならんで出来過ぎくらい相性◎。皐月賞成績がちょっと悪く気になるが、デムーロ騎手の力に期待。

そして3番人気・3番ワーケアはなんと言っても過去4戦複勝率75%のルメール騎手が鞍上なのが魅力。皐月賞組でないことが気になるが、道悪での弥生賞でサトノフラッグを脅かすなど、この世代では十分戦える能力。コントレイルの相手にはなる。内枠の有利を活かして絡む気がする。

購入馬券はこちら

ということで購入馬券はこちら。

【馬単】流し  5 軸 12・3・9・15・11 各300円

【3連単】フォーメーション 5 – (12・15・3・9・11) – (12・18・3・9・11・1) 各100円

6番ヴェルトライゼンデが不気味に見えてきたけど忘れます。

1枠1番、坂井騎手(バースデー)は怖い、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です