【オークス】勝敗予想③

この記事も3回目。今週も予想していきます。

展開予想

まず8番スマイルカナがハナを取りに行き、16番ウィンマリリンと18番サンクテュエールがそれに続く形になりそう。
ここで11番リリーピュアハートが前につけるかが1つ目のポイント。
うまく前につけられれば勝機あり。そしてオークス3勝の福永騎手はこのチャンスは逃さないだろう

それらに続き、内枠の差し馬が内々を回ることになる。出足の遅い1番デゼルは後方につけると思われるが、データは2戦しかなく鞍上も天才と呼び声の高いレーン騎手。スタートから前目につけることも十分ありうる。
内枠で優位なのは2番クラヴァシュドール、5番ホウオウピースフル、6番リアアメリア。4番デアリングタクトはこれらと1番デゼルにはさまれて進む形になる。

第4コーナー回り直線にはいるも逃げしぶとい馬も多く、内側はあまりスペースは空かない。内側をつけるのとしたら前目につけたリリーピュアハートか。2番クラヴァシュドールもこれに追走して前へ出ることができるか。
そして外をついて出てこれそうなのが10番ミヤマザクラ。一気に前に出ることも可能だろう。

直線終盤は前に出たリリーとミヤマザクラ、クラヴァシュドールの争い。
先行勢がどこまで粘れるかが重要。カナとマリリンが前に残れば内側のスペースが狭まり、デゼルやデアリングタクトが不利。そのまま決着も十分ありうる。
多少内側が空いても、名手内田博によりやや前よりにつけた5番ホウオウピースフルが埋めてしまうだろう。

買い方

◎:11番リリーピュアハート
〇:2番クラヴァシュドール
▲:10番ミヤマザクラ
△:5番ホウオウピースフル、8番スマイルカナ

ワイドBOX
2,5,8,10,11

枠連BOX
1,2,6

最後に

先週のような感動をデアリングタクトに期待しつつもオッズがつくことを求めて(懲りていない)4番を外す選択。
展開予想にも書きましたが、先行馬の実力的に馬群に沈む危険性は高い気がしています。63年ぶりの無敗の2冠は松山騎手の腕にかかっていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です